高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

紫外線は、遺伝子を傷つけ、老化も早める

先週、私の勤めている会社の若い衆が、
顔を真赤にしていました。酔っぱらいのように。
どうも、マラソンに参加して、日焼けしたらしいです。

その焼け具合。
日焼けっていうか・・・やけど?

やっぱり、何も紫外線対策をしないで外にでるのは
恐ろしいです。

やけどを引き起こすのは、UV-B

若い衆のヤケドを引き起こしたのは、紫外線の中でも、
UV-B。

紫外線にはUV-A,B,Cの3種類があるということを
お話しました。(前回記事はこちら

その中でも、UB-Bは、ヤケドのような
急性の炎症を引き起こします。

あなたも、海水浴や潮干狩りで、日焼けして痛い思いをしたこと、
ありませんか?
あのヤケドを引き起こすのが、UV-Bです。
(ちなみに、砂浜は紫外線の反射率が高いです)

ヤケドが治っても安心できない

UV-Bを浴びてヤケドしても、
時間が経つと治ります。

一安心・・・では、ありません。

UV-Bは、遺伝子レベルでの損傷を起こすこともあるんです。

UV-Bは、炎症を起こすときに、皮膚の細胞にあるDNAを
傷つけます。

細胞は、再生するときに、傷ついた部分をチョキンと切り取って
正しいDNAに戻します。

でも、いつも上手くいくとは限りません。

細胞が元に戻るときに、戻し方を間違えてしまうことも
あるんです。

怖いのは、その「細胞の直し間違い」が、
大人になってから現れるということです。
「皮膚がん」という形で。
なんとも怖いです。

老化を進めるUV-A

次に、UV-Aの話です。

UV-Aは、皮膚の奥にある「真皮」まで
到達します。

真皮には、私たちの大切なコラーゲンなどがあります。

このコラーゲンを壊していくのが、UV-Aです。

コラーゲンが壊れるということは、
ほうれい線がたるんだり、シワができたりするってことです。

つまり、顔が「おばあちゃん化」するってこと。

見た目の老化を進めるのが、UV-Aということです。

そして、シミもできる。

ただ、皮膚も紫外線に対して何もしていないわけではありません。

黒い色素を出して、紫外線を吸収し、皮膚に紫外線の影響が出るのを
防ごうとしています。

黒い色素というのが、「メラニン色素」です。
メラニン色素が多いと、肌は色黒になります。
夏休み明けの小学生状態ですね。

夏休み明けには真っ黒だった子どもも、
冬休みには、また色白になっていますね。

そうです。
メラニンは、放っておいたら、肌のターンオーバーによって
身体の外に出されます。

でも、年齢を重ねて、肌がターンオーバーをサボるようになると
メラニン色素が体外に出されず、肌に居残ります。

それが、「シミ」専門用語で「老人性色素斑」

老人性っていうけど、30代くらいから
このシミが目立つようになる人もいます。

こんな感じで。
手の甲のシミ

私の手は、もうシミができています。

長年の紫外線の蓄積の結果です。

そうです。
紫外線は、貯金されるんです。
溜まって嬉しくない「紫外線貯金」

だから、今からでも紫外線を浴びる量を減らさないと
シミだらけの婆さんになってしまいます。

たった今から、紫外線対策を始めましょう!

具体的な方法は、また次回以降お話しますね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム