高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

紫外線が何か、ご存知?私たちの真の敵

もう4月も終わりますね~。
4月も終わり近くになると、ゴールデンウィークが
気になってきます。

でも!

産後肌で困っている私たちにとって気になるのは、
何と言っても、紫外線ですよね。

紫外線をたくさん浴びると、大変な事態になるわけです。

日焼け、シミ、そばかす、果てには白内障・・・などなど。

紫外線への対策は、これからの季節は欠かせません。
肌にとって、紫外線は「にっくき敵」

でも、紫外線って何か、ご存知ですか?

まずは、敵である紫外線って何なのか、
おさらいしてみましょう。

太陽光線は、目に見えないものもある

紫外線は、太陽からくる光線に含まれている光線です。

光線っていうと、レーザービームのように、
直線のようにまっすぐにやってくるようなイメージがありませんか?

でも、太陽光線は、波です。
その波の大きさにはいろいろあって、
波がゆるやかなものから、波が細かいものまであります。

色も、その波の大きさで決まっているわけです。
波がゆるやかだと、
波が細かいと、

でも色は、目に見えている光線によるものです。
太陽光には目に見えない光線が含まれています。

目に見えない光線の中でも、
赤よりゆるやかな波 → 赤外線
紫より短い波 → 紫外線
となります。

ようするに、紫外線は、
目に見えない、細かい波の光線
ということです。

言い換えると、紫よりも外側にあるから「紫外線」ですね。

紫外線にも種類がある

そして、どらくらい波が短いかで、紫外線も3種類に分かれます。

1.紫外線の中でも、波が紫よりちょっと短い → UV-A

2.それより波がちょっと短い → UV-B

3.波が一番短い → UV-C

この中で、UV-Cは私たちのところには届きません。
なので、UV-Cは無視します。

私たちが問題にするのは、
UV-Aと、UV-Bです。

このUV-AとUV-B、とんだ厄介者です。

長くなるので、また詳しくは次回お話しますね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム