高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

ニキビには睡眠が大事だけど、その前に赤ちゃんに寝てほしい

ニキビについて調べていくと、多くの本にこんなことが書いてあります。

ニキビができる原因の一つには、寝不足があります。
寝不足が続くと、肌のターンオーバーが乱れて
ニキビができやすくなります。
だから、1日6時間は寝ましょう。

でも、産後にまとめて6時間寝るのって、
無理な時がありますよね。

赤ちゃんが泣けば、飛び起きてお世話をしなくちゃならないし、
そもそも赤ちゃんは寝てくれないことがあります。

うちの子もそうです。
全然寝ません。3歳になった今も、寝ない子です。
おかげで、私はいつも睡眠不足⇒ニキビ顔でした。

やっぱり、産後にニキビができないためには、赤ちゃんを上手に
寝かしつけて、ママの睡眠時間を確保することが必要だと感じています。

そこで、私の体験で恐縮ですが、赤ちゃんの寝かしつけ体験を
少し書いてみたいと思います。

ランキング参加中です。バナーをポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

準備:部屋は暗くする

寝たい時間の1時間前からは、家を暗くします。
暗くしてから寝かしつけをすることで「あ、もう寝る時間だな」って
赤ちゃんが覚えるようになります。

真っ暗にするのは危ないので、オレンジ色の照明(白熱電球の色)に
するのがよいと思います。
オレンジ色の光はリラックスするので、寝る前にぴったりです。

逆に、蛍光灯のような、青っぽい光は脳を覚醒するので
寝付きが悪くなります。
スマホの光も同じく、脳が覚醒しますから、
赤ちゃんの視界にスマホを入れるのは避けておきましょう。
(目が見えない時期でも、赤ちゃんは光を感じます)

スマホを見せないって、すごく大事です。
うちの子も、スマホを見たあとは目がランランとして、
布団の上で飛んだり跳ねたりして、寝なくなります。
寝る前は、スマホを隠しています。

方法1:あみんステップで寝かしつける

赤ちゃんを寝かしつける方法に「背中をトントンする」という
方法があります。

でも、私の子は、背中トントンをしても寝ない子でした。
1時間くらい背中トントンしても、全然寝ない。
(今も、とんとんすると「ヤメテ」って言います)

代わりにやっていたのが、「あみんステップ」

私と同じ世代の方ならきっとご存知でしょう。
あみんの「待つわ」のステップです。

ステップと言っても、右と左にゆっくり揺れるだけなんですけどね。

いろいろ試して、この揺れ方が一番寝てくれました。

しかし、この「あみんステップ」には欠点があります。
「寝付いたと思って、ベッドに寝かせると赤ちゃんが目を覚ます」
ことです。

そんなときは、抱っこしたまま自分も寝てました。
そして、ママも睡眠へ。

方法2:添い乳

実は、私は母乳の出が悪くて、助産師さんに
相談していました。
母乳がよく出るようになるには、赤ちゃんに授乳をするのが
一番ですが、何回も授乳するのは大変だったんです。

そこで、助産師さんに薦められたのが「添い乳」

添い乳は、寝ながら授乳する秘技(?)です。

寝転がった状態で、片腕を伸ばし、赤ちゃんの頭を乘せます。
そして赤ちゃんも横向きにして、授乳する感じです。

これが、寝かしつけにとってもいいんです。
安心するのか、そのまま赤ちゃんも寝てくれます。
うちの寝ない子も、添い乳なら寝てくれました。
ついでに自分も寝てました。

なお、添い乳をする場合は、赤ちゃんを圧迫したりしないよう
注意してください。

完璧を求めない

方法というわけではないのですが、
ママの睡眠不足を解消するには
「完璧を求めない」ことも大事だと思います。

産後の大変な時期は、少しくらい家事を疎かにしたっていいと思います。
掃除だって、ホコリが少したまっていても死んだりしません。
食事だって、宅配を頼んでもいいと思います。

自分を許して、甘やかして、睡眠をとったほうが
笑顔のママでいられるはずです。
ニキビもそのほうが治りやすくなりますよ。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム