高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

ご存知ですか?ビタミンCが皮脂の分泌を防ぐ

ニキビ肌について、角質ケアをお話してきました。
今回からは、もう1つのニキビの原因「皮脂」です。

皮脂は、ニキビだけじゃなく、老化を早めることも

皮脂の何がダメかというと、ベタつくことですよね。
おまけに、皮脂が多いと、皮脂が毛穴に詰まって、
ニキビの原因になります。

しかも、皮脂は老化を早めるんです。

老化というのは、身体が酸化することで起こります。
老化を防ぐためには、身体が酸化することを防止しなくては
いけません。
(だから抗酸化作用のあるポリフェノールが大人気なわけです)

しかし、皮脂は放っておくと、肌の上で酸化します。
酸化した皮脂は肌にくっついているので、
肌を参加させて老化の原因になるのです。

ニキビケアとして皮脂の分泌をコントロールすることは
老化を防ぐことにもなるのです。
一石二鳥ですね!

皮脂をコントロールするには「ビタミンC」

じゃあ、どうやって皮脂をコントロールするのかというと
「ビタミンC 」を使うんです。

ビタミンCを肌に与えることで、多少ですが
皮脂をコントロールすることができます。

ビタミンCを肌に与えると言っても、
オレンジとかレモンをを肌にペタペタ貼るわけではないですよ。
柑橘類を肌に貼ったら、肌が黒くなる危険があるので
絶対やっちゃダメ!

ビタミンCは、肌に直接塗っても、肌に染み込みません。
「ビタミンCは壊れやすい」って、家庭科の授業で
習いましたよね?

そう。ビタミンCは肌に直接塗っても、壊れてしまうのです。

そこで開発されたのが、「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体って聞くと「なんかよくわからない」と思いますが、
要するに、「肌に塗るとビタミンCになるよ」ってことです。

ビタミンC誘導体は化粧水に配合されています

ビタミンC誘導体は、主に化粧水に配合されています。

クリームに配合されているビタミンC誘導体もあるようですが、
手に入りやすいのは、化粧水じゃないかな?
成分をみると「アスコルビン酸」という表記があると思います。

保湿にはローションには実は意味があまりないのですが、
ローションには、ビタミンCを肌に与えるという役目があります。

ニキビで悩む方のローションは、ぜひビタミンC誘導体配合のものを
選んでくださいね。

おまけ:私は純粋なビタミンCを使ったことがある

ここから先は蛇足です。

ビタミンCを直接肌に塗っても意味が無いということは
私が実体験として感じています。

というのは、私はビタミンC100%という化粧品を使ったことがあるから。

それは、小さいエステサロンで買ったものです。

使うと、全然肌に染み込みません。
寝る前に塗ると、朝、塗ったものがすべて枕カバーに染み込んでいます。
私の肌には染み込みません。

手触りもベタベタするし、
まったく効果はありませんでした。

今考えれば、ビタミンC100%って、防腐剤も入っていなかった
っていうことですね。
化粧品の安全性として、それはどうだったのかな。

というわけで、皆さん、ビタミンCは「ビタミンC誘導体」で
お肌につけてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム