高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

界面活性剤が肌に悪いメカニズムを復習してみましょう

ニキビ肌について書いているところですが、
クレンジングのところで少し書き漏れがあったような
気がするのです。

それは、界面活性剤が肌に刺激を与える理由。

界面活性剤って、そもそも何?

界面活性剤は、身の回りにたくさんあるものです。
牛乳にも、アイスクリームにも入っています。
界面活性剤がないと、牛乳は、乳脂肪と水に分離した
2層の飲み物になってしまいます。(不味そう…)

界面活性剤は、液体の中の水分と油分をくっつける
役割をしています。

食器洗い洗剤でも、もちろん界面活性剤が入っています。

水をかけただけでは流れていかない油汚れが
洗剤をつけると流れていくのは、
界面活性剤が、水と油をくっつけるからです。

水が油も一緒に連れて行ってくれるように
なるわけですね。

クレンジングに界面活性剤が入っていると?

クレンジングに入っている界面活性剤は、
油性のメイクを浮かして、落とす働きをします。
そして、クレンジング後に水で流すときに、
メイクを含む油分を水にくっついてくれるように
するわけです。

ここで、もう一度基本です。

界面活性剤は、油分と水をくっつけて流します。

肌にはバリア機能があるということは
前にもお話しましたね。
参考記事:角質ケアに必要なのは、とにかく「保湿」

肌は、角質と皮脂などの油分で肌バリアをつくっています。

ここに、界面活性剤がつくとどうなるでしょう?

そう。皮脂という油が界面活性剤で持って行かれてしまう
ことになります。
そのため、肌のバリア機能が壊れることになります。

バリア機能が壊れると、肌は外界の刺激に
直接触れることになります。
守ってくれるバリアがないので、かぶれなどを
起こしやすくなります。

そのため、クレンジングで界面活性剤を多量、長時間
肌に乗せるのは危険ということになるのです。

界面活性剤とうまくお付き合いするために

とはいえ、界面活性剤は、日常生活になくてはならないものです。
界面活性剤がないと、牛乳も飲めません。

ですから、界面活性剤を肌にたくさんつけたり、
長い間つけておくのは危ない、という程度に
認識しておけば良いと思います。

角栓が取れるからといって、クレンジングで
長い時間マッサージをしても、肌はきれいになりません。

ぱっと落として、パッと洗う。

これが界面活性剤のお付き合い方法だと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム