高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

AGEをためないブルーベリー

糖化、AGEについてお話しています。

糖化が起きてAGEが体内に溜まってくると、
肌がシワシワになり、たるみがおこり・・・
いいことは全然ありません。

でも、糖化によって老化した肌を、なんとかしてくれる
食品があるんです。

それが「ブルーベリー

ブルーベリーは、AGE阻害薬と同じ働きをする

最終糖化物質「AGE」の働きを阻害する薬が、
実はあります。

その薬を使うと、AGEがコラーゲンを破壊していくのを
止めてくれるんです。

その薬と同じ働きをしてくれるのが、
実はブルーベリー。

ブルーベリー、美味しいですよね~。
ヨーグルトに入れても美味しいし、ジャムも美味しい!
タルトもいいな。
シンプルに、そのまま生で食べるのも大好き。

化粧品メーカーのロレアルの実験によると、
あの美味しいブルーベリーが、実はAGEによる
老化を止めてくれるというんです。

ブルーベリーには、「アントシアニン」という
ポリフェノールが含まれています。

アントシアニンは、目にいいことで有名ですが、
実は、細胞が活性酸素に攻撃されるのを守ってくれるんです。

AGEは、活性酸素によって身体が錆びついてくると
増えてきます。
ブルーベリーは、活性酸素による酸化を防いで、
AGEからも細胞を守ってくれるわけです。

ブルーベリーをどうやって取る?

では、ブルーベリーをどうやって食べたらいいんでしょう?

ブルーベリーは、よくお菓子になっていますよね。
ヨーグルト、タルト、レアチーズケーキのソースなどなど・・・

でも!
そんなお菓子でブルーベリーをとったら、太ります。
それに、いくらブルーベリーが糖化を防ぐといっても、
糖分たっぷりのお菓子で食べたら、さすがにAGEが
たまります。

じゃあ、生で食べる?

生も美味しいですよね。
コンビニでは冷凍のブルーベリーも売っています。
冷凍のブルーベリーは安いし、手軽です。

お風呂に入る前に、冷凍ブルーベリーをお皿に出しておくと、
お風呂あがりには食べごろになっています。
ちょっとつまむと幸せ~。

でも、生だと量は食べられませんよね。

そこで、おすすめはサプリメント。

サプリメントだったら、毎日食べやすいし、
成分も凝縮されているので、
老化防止効果も期待できます。

しかも、プラセンタとかのサプリと違って
値段もお手頃。
例えば、
ビルベリープレミアム

などは、今回だけお届けにしても1,687円です。

私も一度試してみようと思います。
実は最近、目もしょぼしょぼするので(笑)
またレポートします!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム