高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

防腐剤フリーのコスメを使い始めて、
改めて防腐剤について調べています。

うーん。訳が分かりません。

ただ、産後に肌がかぶれるのは、
防腐剤に敏感になっているからかも・・・
思い始めました。

え?気がつくの遅い?
バカデゴメン

化粧品が腐らないために防腐剤を入れています

前にも書いたのですが、化粧品には防腐剤が入っています。

成分一覧を見ると、成分表の最後のあたりに
「パラベン」
とか
「フェノキシエタノール」
とか、書いてあると思います。

この「パラベン」とか「フェノキシエタノール」が防腐剤。

化粧品が腐るのを防いでいる、優秀な防腐剤です。
黄色くなったコスメとか、異臭のするコスメなんて
使いたくないですよね?

化粧品をきれいな状態にするために配合されるのが
防腐剤。

雑菌を殺すなら、肌の細胞も…?

防腐剤がどうやって化粧品をキレイに保っているかというと
雑菌を殺して、化粧品の品質を保っているのです。

つまり、日常生活には雑菌がいろいろいます。
化粧品の容器を開けると、開けた瞬間から雑菌が入り込みます。

特に、フタをクルクルっと回してあける「ジャー型」という
容器は、雑菌が入りやすいです。
(ジャー型は、クリームの容器に多いですよね。)

防腐剤は、入り込んできた雑菌を殺しているわけです。

でもさー。
雑菌も細胞でできているんですよね。
私たちの肌も細胞でできているんじゃなかったっけ?
っていうことは、私たちの肌も殺されるんじゃ?!
ぎゃー!

っていうのは冗談ですが。

パラベンは安全性が高い防腐剤と言われています。
でも、やっぱり肌にも何か影響があるのではないか?と
素人にはそう感じます。

そもそも、フェノキシエタノールは刺激性があると
言われていますしね。
ヒノキチオールも、同じく刺激性が指摘されています。

普段は大丈夫でも、産後は刺激を受けやすいかも

まあ、でも、防腐剤は、たいていの人なら大丈夫な量で
配合されています。

ただ、産後の敏感な時期だったらどうなんでしょう?

ゆっくり眠れないー、ホルモンバランス乱れまくりー、
イライラするー、ダンナのアホー!
という状態では、少しの刺激にも肌は過敏に反応します。

もしかしたら、産後の肌は、パラベンにも
過敏に反応するかもしれません。
やだー!

私は、肌に赤みがあるのですが、
HANA organicとかリ・ダーマラボ
などの防腐剤フリーのコスメを
使っていた間は、多少赤みが引いていました。

もしかしたら、赤みは防腐剤に反応していたのかな?

もし、産後に、コスメを使って不調が起こっていたり、
カブレたりしていたら、
防腐剤を疑ってみてもいいかもしれませんよー。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム