高齢出産で肌トラブルが起きたら?産後のスキンケアにちょっとした工夫をしてみませんか?

ゼラニウムの香りで癒されます。 HANAの洗顔「ピュアリクレイ」

前回は、HANA organicのトライアルセットが届いたよ!という
記事を書きました。
(参考記事:HANAオーガニックのトライアルセットを購入
早速つかってみたので、レビューしますね。

今回は、HANAの洗顔料「ピュアリクレイ」です。
>>>ピュアリクレイの説明はこちらから

トライアルセットの容器はこんな感じ。
上品な容器です。
clay1

見た目は松葉色、香りはゼラニウムです

HANAの洗顔料は「ピュアリクレイ」という名前です。
その名の通り、クレイが入っています。

出してみると、モスグリーン。
というより、松葉色といった感じでしょうか。
くすんだ緑色です。
clay2

緑色なので、入っているクレイはモンモリオナイトかな?
と思って、成分表を見てみると、
「ベントナイト」と「カオリン」というクレイが入っていました。

ベントナイトは、主成分がモンモリオナイトなので、
この緑色は、やっぱりモンモリオナイトの色ですね。

ベントナイト(モンモリオナイト)は、汚れを吸着してくれる
クレイ(粘度)です。
アロマをやっている人だと、クレイパックの材料として
おなじみの材料。

これでパックをすると、毛穴がスッキリします。

ただ、クレイパックは面倒なんですよね。
パックした後の片付けが。

でも、洗顔料にクレイが入っていたら、
クレイパックみたいに面倒ではないし、
汚れの吸着もすごそうです。
ピュアリクレイの洗顔力に期待が膨らみます。

泡立てのときの香りが爽やかです

ピュアリクレイを泡立ててみます。

手で泡立たせようとしたら、なかなか泡立ちません。

リーフレットをよく読んだら
「洗顔ネットの使用をおすすめ」とありました。

気を取り直して、洗顔ネットで泡立ててみます。
clay5

使う量は、さくらんぼ半分くらいの量です。
少ないかなあ…?と思ったのですが、
上の写真のように、しっかり泡立ちます。

clay3
横から見ても、山盛り泡だっています。

泡立てているとき、香りが漂ってきます。
鼻にツーンと来るのではなく、ふわっと香る感じ。

ローズの香りではなく、ゼラニウムの香りが強いかな?
甘いけど、グリーン系の香り。

ゼラニウムは、美肌効果の強い精油なんですよね~。
しみやシワにも効果のある精油です。ストレスにも効果あり。
疲れている時にゼラニウムを使うと、
心が軽くなります。

泡はきめ細かいですが、もう少し弾力がほしいかな?

泡立てて、出来上がった泡で、洗顔してみます。

泡が顔に馴染むのですが、泡がすぐ潰れる感じです。
といっても、顔と手の間のクッションとしては
十分な量の泡があるので、顔に刺激は
まったく来ません。

今まで、モチモチ泡の洗顔料を使っていたせいか、
不思議な感触です。
泡がプチプチ潰れていく感じはしますが、
手と顔の間のクッションとしては立派に機能しています。

ただ、もう少し弾力があったほうが、
洗顔したっていう感じがするかもしれません。

すすいだあとは、さっぱりします

泡がスッキリしているぶん、洗顔のすすぎが
カンタンです。
泡切れがよいので、すすぎやすいです。

すすいだあと、想像通り、スッキリします。

たぶん、クレイ(ベントナイトやカオリン)が
汚れを吸っていってくれたんですね。

洗顔フォームにありがちな、オイルが残っている感触は
全くありません。

夏でもサッパリ!

まとめ

もう少しローズが香って欲しいのと、
泡に弾力がほしいかな~という不満もあります。

でも、HANAのピュアリクレイは、
不満を消すほど、香りもいいし、さっぱりするので、
すごく使える洗顔料だと思います。

泡切れもいいので、急いでいて何回もすすぐ時間がないときは
いいかも。(といっても、すすぎは丁寧にね)
子育て中だと時間がないので、こういう楽ちんなのは
助かります。

ママさんにもいいと思いますよ~。

HANAトライアルセットはこちら
>>>HANA organic

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産後の敏感肌にオススメ

日焼け止め

するっと伸びる日焼け止め。紫外線吸収剤フリーで、2歳のお子さんから使えます。
POLA「ホワイティシモUVカットミルキーフルイド」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

肌にやさしいクレンジング

保存料不使用!肌がふわふわに柔らかくなります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

敏感肌向け美白コスメ

セラミドが敏感肌を潤します。保湿効果バツグンです。
ディセンシア「サエル」
詳しくは、こちらの記事をご覧ください

お問い合わせ

この記事へのお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム